ストップ放地

民法に所有権の取得時効の規定があります。

民法第162条
20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。
第2項
10年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に善意であり、かつ、過失がなかった時は、その所有権を取得する。

ご所有地が他人に占有されている場合、悪意の占有20年、善意の占有10年で他人が所有権を取得できると定められています。
もし、オーナー様のご所有地が他人に占有されている・使用されている場合は、注意が必要です。占有者が法律知識をもっている場合はトラブルになりかねません。

また、不法投棄の問題があります。
実際に弊社で管理する際に自動車を放置されていたオーナー様もいました。
この時は、自動車の所有者がすぐに判明し解決致しましたが、所有者が判明しない場合は、裁判所に申し立てを行い手続きしなければならず、勝手に処分することができません。

また、別のオーナー様は、近隣の方に土地に無断で畑を作られており、弊社の看板設置と同時に畑の使用は無くなりましたが、畑仕事に使用された道具などが処分されず放置されたままで、オーナー様の費用で処分した例もありました。

このようにオーナー様ご自身がご利用になる場合・ご売却する場合など、すぐに土地を利用することができない場合があります。

何もしないのも一つの方法ですが、不法投棄・無断占有(使用)など様々な問題が起こる可能性があります。
今一度、ご所有地の事をお考えになってはいかがですか?

ナンバーなし廃車放置

無断で土地に畑を作られる

不法投棄

不法投棄

無断で土地に畑を作られる

廃車放置

不法投棄

自己敷地前にゴミステーション