不動産売却の流れ

各段階の説明

1.売却相談

メール・お電話・FAXにてご相談を承っております。当然、無料でございます。
ご相談の際は、権利書(登記識別情報通知)又は固定資産税等納付書をご用意ください。

売却に係る諸費用
  • 税金(譲渡税(所得税・住民税)):特別控除を受けられる場合があります。
  • 仲介手数料
  • 印紙代
  • 測量代:土地・戸建等の場合に掛かる場合があります。
  • 表示変更登記費用
  • 抵当権等抹消費用
  • その他、お引越し代、清掃費用等
2.無料査定の依頼

担当者がご訪問・現地をご確認させて頂き、近隣事例等を比較検討し査定価格をご提案致します。
土地・建物に不具合がありましたら、査定時にお伝え下さい。
ご相談者様は、出来るだけ多くの以下の書類等をご用意願います。

  • 権利書(登記識別情報通知)
  • 建築確認申請書
  • パンフレット(マンションの場合)
  • 固定資産税等納付書 等

※買取も致しておりますので、ご相談下さい。

3.媒介契約の締結

査定価格にご納得頂き、ご売却の意思が決まりましたら、不動産会社と売却を依頼する「媒介契約」を結んで頂きます。
「媒介契約」には3種類あり、概要をご説明させて頂き、お客様にご選択頂きます。

媒介契約の種類(概略)
媒介契約の種類 不動産業者との
複数契約
依頼者が発見した
相手との取引
業務報告の義務
専属専任媒介契約書 1社のみ(複数不可) 出来ません 1週間に1回以上
専任媒介契約書 1社のみ(複数不可) 出来ます 2週間に1回以上
一般媒介 複数契約可 出来ます 報告義務なし

お客様は、照明などの付帯設備等を撤去するかそのままにしておくか決めて頂きます。また、付帯設備等に不具合があれば不動産会社に報告して下さい。

お客様も内覧にそなえて清掃等に気をかけて頂くとイメージアップに繋がると思います。

4.売却活動
  • 指定不動産流通機構(レインズ)への登録
  • 弊社ホームページ、不動産ポータルサイトへの掲載
  • 売り看板の設置、ポスティング、折込チラシ等
  • ハウスメーカー、工務店等の建築業者へ情報提供など

売却活動を行います。また、売主様に経過報告を行います。
売却活動により購入希望者様が見つかりますと買付証明書(購入申込書)をご提出頂き、諸条件を売主様と購入希望者様と調整し条件が整いましたら、ご契約になります。

5.不動産売買契約締結

基本は、売主様、購入希望者様(買主様)、不動産会社が同席の上、契約行為を行います。 売買契約の前に買主様に重要事項証明を行い、売主様にもご確認頂きます。その後、売買契約を行います。
売買契約書に売主様、買主様がご署名ご捺印して頂き、売主様は、買主様より手付金をお受取頂きます。

売主様必要書類等
  • 権利書(登記識別情報通知):確認のため
  • 実印
  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証等)
  • 固定資産税等納付書
  • 建築確認申請
  • 印紙代
  • 仲介手数料 など
残代金受領・物件引渡し

その1.
原則、残代金受領と物件引渡しは同時に行います。引渡日までに引越しをすまさなければなりません。
引越し後、建物内の清掃等を行い、電気、水道、ガス等の料金の精算を行って下さい。

その2.
売主様・買主様・司法書士様・不動産会社の立会いの下、所有権移転登記手続きを行います。 司法書士様に権利書(登記識別情報通知)等の書類を確認して頂き、残代金を受領し権利書、鍵などを買主に引渡し致します。

売主様必要書類等
  • 権利書(登記識別情報通知)
  • 実印
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内)
  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証等)
  • 登記費用(表示変更登記や抵当権抹消登記などがある場合)
  • 測量代(測量の必要があった場合)
  • 預金通帳 など
完了

仲介と買取のちがい

仲介

不動産の売却方法として2種類あります。

1つは「仲介」です。売主様より依頼を受けた不動産会社が購入希望者様を見付けていく方法です。
不動産会社は、売却活動を行い、購入希望者様を探します。タイミングよくすぐに購入希望者様が見つかれば良いのですが、物件の状況や価格等の諸条件によりなかなか購入希望者様が見つからない場合があり、場合によっては、諸条件の変更が必要になる場合があります。

買取

もう1つは「買取」です。不動産会社が売主様より直接不動産を買い取ります。
「すぐに売りたい」・「急に資金が必要になった」など売主様の資金計画が立て易くなり、必要な時期までに資金が用意できますが、一般的に不動産会社は転売することを前提に買取しますので、「仲介」で売る価格より安くなります。また、買取の場合は、仲介手数料が不要になります。

お客様のご条件、ご状況によりどちらもメリット、デメリットがありますので、ご相談下さい。
最良のご提案をさせて頂きます。